安心できるシニアライフのために!相続・遺言,後見のことなら,お気軽にご相談下さい!
大阪の予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所です

トップページ 取扱業務内容 基本料金一覧表 事務所ご案内 お問い合わせ
 

  [相続]の基礎知識

相続について,最低限知っておいていただきたい知識を説明しています。

相続に関する基礎的な内容について,できるだけ分りやすく読んでいただけるように,事例も取り入れてQ&A形式で説明しました。

この程度の内容をご存知いただいていれば,相続に関して,とりあえずは慌てずに済むのではないかと思いますが,当然ながら各々のケースにより対応は異なりますし,ここに記載している内容は,相続に関するごく一部に過ぎません。

ここに書いてない内容やご不安に思われることがございましたら,まずはお気軽にご相談下さい。
 
質問 質問編 目次
 
各質問の項目をクリック(又はダブルクリック)すると,質問の詳細に移動します。
 
Q.1(相続の概略について)
 
Q.2(相続の開始について)
 
Q.3(相続人について)
 
Q.4(子がおらず孫がいるときの相続について)
 
Q.5(相続分について)
 
Q.6(相続の範囲について)
 
Q.7(相続の承認と放棄,遺産分割について)
 
Q.8(相続放棄と遺産分割の関係について)
 
Q.9(遺贈の放棄について)
 
Q.10(被相続人が存命中に相続放棄や遺産分割協議ができるかについて)
 
Q.11(一部だけ相続することができるかどうかについて)
 
Q.12(相続の承認や放棄をする期間について)
 
Q.13(熟慮期間を経過してからでも相続放棄できるかどうかについて)
 
Q.14(相続放棄の効果について)
 
Q.15(遺贈をすれば,借金を相続させないことができるかについて)
 
Q.16(遺留分〔最低限度保証される相続分〕について)
 
Q.17(寄与分〔相続財産維持増加に貢献した相続人の取り分〕について)
 
Q.18(名義は違うが実質的に自分のものと考える財産の相続について)
 
Q.19(遺産分割について)
 
Q.20(特別受益〔遺産の生前贈与と同視できるような贈与〕について)
 
Q.21(遺産分割協議における行方不明者の扱いについて)
 
Q.22(遺言と遺産分割協議との関係について)
 
Q.23(先代の相続手続未了の際の相続について)
 
Q.24(遺産分割協議のやり直しについて)
 
Q.25(遺産分割協議ができないときの手続について)
 
Q.26(相続させたくない相続人への対応について)
 
Q.27(相続人がいない場合の手続について)
 
Q.28(相続税について)

印刷用ページへ移動します
 
(解説ページを印刷して,全ての解説をまとめて読むときにご利用下さい。各解説毎に,ページを分けておりますので,必要な部分のみ印刷していただくことも可能です。)

質問 質問編 詳細
 

Q.1(相続の概略について)

相続って,簡単に言うとどういうことなんですか?
A.1のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 
 
Q.2(相続の開始について)

どうなったら,相続が始まるのですか?
A.2のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 
 
Q.3(相続人について)

誰が相続することができるのですか?
A.3のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.4(子がおらず孫がいるときの相続について)

子供は既に死亡しているときに,死亡した子に子がいる,すなわち孫がいる場合,相続はどうなるのですか?
A.4のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.5(相続分について)

具体的には,誰にどれ位の権利(相続分)があるのですか?
A.5のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.6(相続の範囲について)

相続は,財産を全て受け継ぐことと言われましたが,具体的にどういうことになるのでしょうか?

借金も相続の対象になるのでしょうか?
A.6のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.7(相続の承認と放棄,遺産分割について)

相続は,財産を全て受け継ぐことであるということは理解できましたが,遺言がない場合には,必ず法律の規定の通りに相続しなければならないのですか?

例えば,父の相続に関して,子供は受け取らず母に全部相続させることはできるのでしょうか?

又,マイナスの財産が多い場合には必ず相続した者が支払わなければならないのでしょうか?
A.7のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.8(相続放棄と遺産分割の関係について)

例えば,親の借金を,子供らは必ず相続しなければならないものではないことは,理解できました。

ところで,Q.7でも質問されていましたが,父の相続に関して,子供は受け取らず母に全部相続させる場合には,子供等全員が相続放棄をすることでも,同様の結果になると思うのですが,違いがあるのでしょうか?
A.8のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.9(遺贈の放棄について)

先日,同居していた義理の父が亡くなりました。

私は長男の妻ですが,義父は,ここ数年病気で寝たきりで,同居してきた私が介護をしてきました。

ところで,義父は遺言を残しており,先日,家庭裁判所で遺言の内容が明らかになりました。

その日の晩に夫から話を聞いたところ,義父は私に対しても自分の財産を渡す旨を記載していたということでした。

私は,私自身に義父から何らかの財産をもらうこと等考えてはおりませんでしたし,相続人でない私が義父の財産をもらってしまうと,かえって兄弟間で夫の立場が悪くならないかが心配で,義父の気持ちはありがたいとは思うのですが,私としては放棄したいと考えております。

相続に関しては,放棄することが認められることは分ったのですが,私のように相続人でないものが遺言で財産を受けた場合,その遺贈を放棄することはできるのでしょうか?
A.9のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.10(被相続人が存命中に相続放棄や遺産分割協議ができるかについて)

Q.7に関連した質問ですが,例えば,現状においても,被相続人には多額の借金があってマイナスの財産が多いことは疑いようもない等,いざ相続が発生したときには相続放棄等を申立てすることは確実だと思われるような状況であっても,現実に被相続人が死亡したときには,葬儀やその後の手続に忙殺されて3ヶ月以内に必要な手続をすることを忘れるのではないかと不安になります。

そこで,相続が発生すれば相続放棄をすることは明らかだと思われる場合に,事前に相続放棄の手続を取っておくことはできないのでしょうか?

又,逆に相続を承認することは確実な場合に,相続が発生したときにその後の手続がスムーズに進むように,事前に遺産分割協議をすることはできないのでしょうか?
A.10のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.11(一部だけ相続することができるかどうかについて)

私の父が死亡しました。

遺産としては両親が居住してきた築数十年になる古い自宅不動産程度しかありませんが,この不動産には父の事業に関する借入金の担保として銀行の抵当権が残っています。

他に,見るべき遺産はありませんが,このような場合に,事業に関する債務だけを相続放棄するということはできないでしょうか?

又,例えば,債務を完済するほどではないけれども,多少の預貯金等が別にあるような場合に,預貯金については全て債務の弁済に充てるものの,残った債務については免除してもらい,自宅不動産だけは相続するというようなこともできないものでしょうか?

母は,年金受給者で,父の債務を支払っていける状態ではなく,又,自宅は長年暮らしてきていますし,古い家でそれほどの価値も無く売却しても大した金額にはならないと思いますので,何とか売却等せず,母がこれからも住めるようにしておいてあげたいのですが,このようなことはできないでしょうか?
A.11のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.12(相続の承認や放棄をする期間について)

先頃死亡した私の父は,自営業者でしたが,父の生前に,父と商売の関係のことはほとんど話すこともなく,債務については,よく分っていないので,これから取引先への債務等を調査しなければなりません。

ただ,取引先の数は多いため,調査するとしても,3ヶ月ではとても間に合いそうにありません。このような場合でも,3ヶ月以内に,相続を承認するか放棄するかの手続を取らなければならないのですか?
A.12のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.13(熟慮期間を経過してからでも相続放棄できるかどうかについて)

私の父が死亡し,財産を調査しましたが,生前にほとんどの財産を処分しておりましたので,特に遺産らしき財産もほとんどなく,多額の債務等も見当たらなかったので,わずかな形見分けをした程度のことだけで,放棄や遺産分割などの手続は何もしないままで放置しておりました。

ところが,父の死亡後1年程経って,突然,父の債権者だという方から,父の生前に,お金を貸していたので,返して欲しいと請求を受けました。

父の遺産に関して,特に相続すべきものもありませんでしたし,その債権者は,家族の誰も知らない方で,今回請求を受けて初めてそのような債権者の方がおられることを知った次第です。

しかも,債権者の方からの請求は割と高額でもあり,私達遺族で返せるものではありませんので,できれば,今回,相続放棄の手続を取りたいと思うのですが,相続放棄ができる期間は3ヶ月と聞きました。

父の死後,既に1年以上経過していますので,私達遺族は,父の相続に関して相続放棄はできず,父の債権者の請求に応じなければならないのでしょうか?
A.13のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.14(相続放棄の効果について)

自営業を営んでいた父が亡くなりました。

この不況下で多額の借金がありましたので,母と私達兄弟は相続放棄の手続を家庭裁判所で取り,全員,相続放棄の申述を受理してもらいました。

ところで,私達の祖父は現在老人ホームで生活しておりますが,まだ元気にしております。

私達(母と子供)は全員相続放棄をしてしまいましたが,そうなると,父の借金は祖父が相続することになるのでしょうか?
A.14のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.15(遺贈をすれば,借金を相続させないことができるかについて)

Q.9で,遺贈のことを説明されていましたが,特定の財産を遺贈するということであれば,遺贈を受けた者は,その特定の財産の遺贈を承認するか放棄するかすればよく,相続人と同一の権利や義務は負わないと説明されていました。

そこで考えたのですが,例えば,ある程度の財産はあるものの,借金の額がそれでは払いきれないほど多いような場合に,プラスの財産については,相続人毎に特定の財産を遺贈するような遺言をしていれば,その特定財産の遺贈を受けた相続人は,承認すればその財産を受け取ることができます。

その一方で,相続財産として残ってしまう借金については,相続人等は相続放棄をすれば,マイナスの財産を相続しないでよいことになるのではありませんか?

確かにずるい方法であるかもしれませんが,このような方法を取れば,借金が多い状態でも,財産を残すことができるのではないかと思いますし,それこそQ.11にもありましたが,お母様に自宅だけは何とか残してあげたいというような希望にも応えられると思ったのですが,法律上,このような方法は認められるのでしょうか?
A.15のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.16(遺留分〔最低限度保証される相続分〕について)

私の父が死亡しましたが,父は生前遺言書を残しておりました。

その遺言書の内容というのが,長男である兄に全財産を相続させるというもので,弟の私や,妹,母には一切財産を相続させないという内容でした。

確かに,兄は父の事業を手伝うなどして,一番父との係わり合いが深かったのは事実ですし,私は自分の好きなことをさせてもらいましたので,私が父の遺産を貰えないということはまだ納得もいきますが,父の事業を手伝ってきていた妹や母にも全く遺産を渡さないということには納得できません。

遺言がある場合には,遺言書の内容が優先されると聞きましたが,私や妹,母は,父の遺産を一切相続できないのでしょうか?
A.16のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.17(寄与分〔相続財産維持増加に貢献した相続人の取り分〕について)

長年病床に臥していた父が死亡しました。

遺言書はありませんでしたので,葬儀の際に,母と私と姉の3人で相続の話をしたのですが,姉は,法定相続分どおり4分の1は貰える権利があると強く主張しましたので,その場では話はまとまりませんでした。

姉の言い分が法律が定めるとおりだということは分ります。

ただ,母と私は,病気の父の介護を長年やってきましたが,父の介護は相当の重労働でしたし,特に母は長年の父の介護で心労も相当溜まっています。

私も両親と同居して父の介護を手伝ってきましたし,病院代等の支払で相当のお金も使いました。

これに対して,姉は結婚して遠方に住んでいることもあって,父の介護には一切関っておりません。

姉に父の遺産を渡したくないというのではありませんが,父の介護に要した手間や費用のこと等を考えると,母と私の方が姉よりも多少は多くもらえないものかと思ってしまいます。

法律では,寄与分という制度があるとの話を聞いたのですが,母と私の場合も,法律で姉よりも多くもらえることになるのでしょうか?
A.17のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.18(名義は違うが実質的に自分のものと考えている財産の相続について)

私は,長年,田舎の方で,自宅の一角を使って妻と2人で小さな工場を経営して来ましたが,何とか経営は安定しており,従業員も数名雇ってきています。

子供は3人おり,長男が2年前に大学を卒業してからは,私の工場を手伝うようになってくれるようになりました。

長男は学生結婚をして,子供も2人いますので,近くの賃貸マンションから,毎日,実家に勤めに来ておりました。

他に,子供は次男と長女の2人がおりますが,2人とも結婚して独立し,遠方で生活をしております。

ところで,今年に入って,工場の経営を長男に任せていくようにしようと思い,将来は自宅に戻って経営を続けてくれるであろうからと,工場兼自宅不動産の名義と工場の運転資金用のメインの銀行口座は長男の名義に変更し,私は長男の仕事を手伝うという形にして経営を続けてきました。

贈与税の問題は,顧問の税理士の方と相談し,多少税金を支払うことにはなりましたが,問題なく済ませましたし,長男への名義変更については次男と長女も納得してくれました。

もちろん,将来は長男に全て渡すつもりではありましたが,現時点ではまだ実質的な経営者は私ですので,これから経営の中心を私から長男に徐々に移していくことを明らかにするために名義だけを移したに過ぎず,実質的には私の財産のつもりでおりました。

又,そのことについては長男も了解しており,名義が自分のものとなっても,まだ実質的な経営者は私であり,自宅と預金口座は自分のものと言うよりは工場のものであると思っているので,自分が好き勝手に処分はしない旨を約束してくれていました。

ところが,先日,悲しいことに長男が交通事故にあって亡くなってしまいました。

すると,長男の嫁から,私達夫婦の自宅と工場の銀行口座は,長男の名義になっていることから,自分達家族が相続の手続をするので,自宅を明渡して,銀行の預金通帳を渡してもらえないかとの申出がありました。

自宅は工場を兼ねており,明渡してしまっては工場も閉鎖しなければなりませんし,銀行預金についても,現実に取引に使用しておりますので,これを長男の家族で分割されてしまうと,取引先への買掛金の支払等もできなくなって工場はつぶれてしまい,数名いる従業員を路頭に迷わすことにもなりかねません。

私としては,あくまで名義上のことで,私が亡くなるまでは自分のものであると思っていましたので,長男の嫁からの申出は断りたいと思っているのですが,法律上,私の主張は認めてもらえるのでしょうか?
A.18のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.19(遺産分割について)

死亡した人が遺言書を残していなかった場合,どのように遺産を分割することになるのですか?
A.19のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.20(特別受益〔遺産の生前贈与と同視しうるような贈与の扱い〕について)

父が他界しました。

相続人は,母と私と姉と兄の4人です。

相続の話になったところ,姉と兄は法定相続分通り,母が2分の1,自分達兄弟3人は各々6分の1ずつで分ければよいではないかと主張してきました。

母は,姉と兄の主張通りで構わないと言っています。

ただ,私からすれば,姉は結婚の際に結納金やら嫁入道具,挙式費用,結婚後のマンションの頭金等,これまでに相当父からはお金を出してもらってますし,兄は大学も東京の私大に行かせてもらい,その上海外留学までさせてもらった上に大学院にまで行かせてもらっています。

私は,地元の短大に行かせてはもらいましたが,兄ほど多額の学費を出してもらったわけでもありませんし,まだ結婚もしていませんので,姉のように結婚にかかる費用を出してもらってもいません。

そのような理由で,法定相続分で分けることになると,姉と兄に比べると,ちょっと不公平ではないかと思ってしまいます。

私は決して,姉と兄と同じようにとは言いませんが,今回の父の相続に際しては,私は姉や兄より,少し位は多く相続できるように主張できないものかと思うのですが,そういう主張はできないものでしょうか?
A.20のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.21(遺産分割協議における行方不明者の扱いについて)

遺産分割の協議は,相続人全員でやらなければならないことは分りました。

ところで,私の弟は,成人するとすぐに家を飛び出し,その後,全く連絡もなく,音信不通の状態になっています(住民登録も自宅に置いたままなので,住民票から追いかけることもできません。)。

このような場合に,例えば親の相続が発生して,遺産分割協議をしなければならなくなった場合には,弟の行方が分らなければ,遺産分割の協議ができないということになるのでしょうか?
A.21のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.22(遺言と遺産分割協議との関係について)

父が遺言を残して死亡しましたが,遺言の内容は私達相続人全員の考えているものとは程遠い内容でした。

私達相続人の間では,父の遺言とは違った形で遺産分割をしたいと合意できているのですが,このような場合でも,父の遺言が優先されて,残された私達相続人が納得できないような遺産分割をしなければならないのでしょうか?
A.22のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.23(先代の相続手続未了の際の相続について)

私の父が亡くなりましたが,父の遺産としては,両親が住んでいた自宅不動産に多少の定期預金がある程度でした。

ただ,自宅不動産は登記上,父の父(私の祖父)の名義のままになっています。

そのことは父の生前にも話をしたことはあるのですが,私の祖父が亡くなった際には祖母が暮らしており,祖母が亡くなったときにも,父は兄弟(父は3人兄弟の長男で,弟2人がいます。)の間では,自分が単独で貰うことで話がついていると言って,結局は,相続登記どころか遺産分割協議さえも何もしていなかったようです。

実際,父の葬儀の際に,父の兄弟とも会い,話をしましたが,母が一人暮らしになることを心配してくれて,頻繁に顔を出すようにというだけで,自宅不動産が祖父名義であることや相続の話は一切出てきませんでした。

相続人は,母と私と兄の三人で,私達の間では,私達兄弟は各々結婚して独立して生活しており,特に遺産を貰いたいとは思っていないので,全て母が相続するということで,話はついているのですが,不動産の登記が祖父名義になっているのが気になります。

今更,父の兄弟がどうこう言ってくることはないとは思いますし,不動産の登記のことを話すと,それこそ寝た子を起こすようなことになるのではないかとも思いますので,このまま,祖父名義のままにしておこうかと思うのですが,法律的にみて,問題はないものでしょうか?
A.23のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.24(遺産分割協議のやり直しについて)

先日他界した父の相続について,母と兄と私の3人の相続人間で一旦遺産分割協議が成立しました。

ところが,父の世話を一手に引き受けてくれていた兄嫁の貢献を考慮していませんでしたので,兄嫁への分を含めて,兄に多少多く渡すべきではないかと,私と母は思うようになり,3人でそのように合意し直しました。

このような場合,一旦成立した遺産分割協議をやり直すことはできるのでしょうか?
A.24のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.25(遺産分割協議ができないときの手続について)

父が死亡しました。

相続人は,母と私達兄弟3人の合計4人ですが,葬儀の際に,母と長男,私と妹の間で相続に関して言い争いになってしまいました。

そのときの雰囲気からみて,私達の間で,話合いによる遺産分割協議はまず不可能な状態です。

どのようにすればよいのでしょうか?
A.25のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.26(相続させたくない相続人への対応について)

私には,妻と3人の子供がいますが,恥ずかしいことに,長男は,これまでに放蕩の限りを尽くしてきたような不肖の息子で,数年前に親子の縁を切ると申し渡して,家から追い出しましたので,現在は連絡も付かない状態です。

将来のことを考え,遺言で長男には一切相続はさせないつもりではありますが,私が亡くなれば,長男は,遺留分があるはずだから自分にも遺産をよこせと妻や兄弟に迫ってくることは,十分予想できます。

私としては,親子の縁を切ったとまで言い切っていますので,長男に一切相続させたくはないのですが,そのようなことはできるのでしょうか?
A.26のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.27(相続人がいない場合の手続について)

実は,私には,身寄りがおりません。

私の家族は両親と兄が一人おりましたが,両親も兄も既に亡くなっており,兄にも子供はおりません。

私自身も独身のままで,配偶者や子供もおりませんので,私には法律が定める相続人はいないことになります。

現在は,週3回ヘルパーの方に来てもらい,身の回りのことはやっていただいておりますし,ヘルパーの方が休みのときは,お隣の若夫婦が色々と気を使って声をかけてくれたりしてくれますので,とりあえずは不自由も無く,自分の持ち家で一人暮らしを続けています。

自宅以外には,今後,生活できるだけの預貯金や株式程度の財産は持っておりますが,私が亡くなったときには,私の財産はどのように扱われることになるのでしょうか?
A.27のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 

Q.28(相続税について)

先日,私の父が他界しました。

相続の件では,家族で揉めることもなく上手く話合いで遺産分割できそうなので,その点では心配はなさそうです。

ところで,父が亡くなる前後から,色々な方から相続税の話をされ,その中で「日本は相続税が高いので,相続が三代続くと家がつぶれる。」という話を聞きました。

相続税のことは何も分りませんので,手続をどうやればよいか,多額の税金がかかるのではないかと不安になっています。

相続税のことを教えていただけませんか?
A.28のページに移動します。            質問編目次に戻ります。
 
Copyright © 2013 大串真コ行政書士事務所 All rights reserved.
by 予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所