安心できるシニアライフのために!相続・遺言,後見のことなら,お気軽にご相談下さい!
大阪の予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所です

トップページ 取扱業務内容 基本料金一覧表 事務所ご案内 お問い合わせ
 

  [相続]の基礎知識

解説 解説編
 

Q.3(相続人について)

誰が相続することができるのですか?
 
A.3

被相続人が遺言を残していた場合には,遺言に財産を受け取る旨を記載された方が,原則としては,遺言に記載されている内容に従って,相続又は遺贈を受けることになります。

後で説明しますが,法律上,一定の制限があることには注意が必要です。

遺言がない場合には,民法の規定にしたがって,以下のように相続人が決まることになります。
まず第一に,被相続人に配偶者がいる場合には,配偶者は常に相続人となります。

但し,この場合の配偶者は,婚姻届を出している戸籍上の配偶者に限り,いわゆる内縁関係,事実婚における配偶者は法律上は相続人とならないことに注意が必要です。
配偶者以外の親族に関しては,以下の順位で相続人となります。

第1順位

 

まずは被相続人の子が第1順位の相続人となり,配偶者と一緒に相続します。

 

ここで注意すべきことは,子は血縁関係のある実子と,法律上,親子関係が認められた養子のみが相続人となることです。

 

そのため,例えば,先妻の子と後妻の関係等のような義理の親子関係の場合には,先妻の子と後妻との間に血縁関係がありませんので,当事者間で養子縁組をしていなければ,先妻の子は後妻の相続人にはなりません。

 

又,被相続人の死亡時に母体に存在する胎児については,相続発生時点で生まれたものとみなし,その胎児が生きて生まれた場合には,相続権があります。

 

被相続人に配偶者がいない場合には,第1順位の子のみが相続人となります。


第2順位

 

被相続人に子がいない場合には,被相続人の直系尊属(「ちょっけいそんぞく」と読みます。父母,祖父母…等いわゆる自分の祖先のことをこういいます。)が第2順位の相続人となり,配偶者と一緒に相続します。

 

この場合,被相続人に一番近い方が相続人となります。つまり,父母のどちかがいれば父母が,父母がどちらも死亡しているときは祖父母が,父母も祖父母も全員死亡しているときは曾祖父母が…という順番で相続人になります。

 

被相続人に配偶者がいない場合には,第2順位の直系尊属のみが相続人となることは,第1順位の場合と同様です。


第3順位

 

被相続人には子供も直系尊属もいない場合には,被相続人の兄弟姉妹が第3順位の相続人となり,配偶者と一緒に相続します。

 

被相続人に配偶者がいない場合には,第3順位の兄弟姉妹のみが相続人となることは,第1順位,第2順位の場合と同様です。

上記以外の親族に関しては,原則として民法が定める相続人にはなりません。

そのため,第三者や上記以外の親族,先の順位の相続人がいたとしても後の順位の相続人にも財産を残したいと思われる場合には,遺言によってその旨を指定していただかなければならないことになります。

なお,孫やひ孫等とおいやめいについては,原則として相続人ではありませんが,後に説明します通り,別に民法による定めがあり,相続人となる場合があります。
Q.3のページへ戻ります   A.2のページへ戻ります   A.4のページに移動します
 
Copyright © 2013 大串真コ行政書士事務所 All rights reserved.
by 予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所