安心できるシニアライフのために!相続・遺言,後見のことなら,お気軽にご相談下さい!
大阪の予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所です

トップページ 取扱業務内容 基本料金一覧表 事務所ご案内 お問い合わせ
 

  [相続]の基礎知識

解説 解説編
 

Q.22(遺言と遺産分割協議との関係について)

父が遺言を残して死亡しましたが,遺言の内容は私達相続人全員の考えているものとは程遠い内容でした。

私達相続人の間では,父の遺言とは違った形で遺産分割をしたいと合意できているのですが,このような場合でも,父の遺言が優先されて,残された私達相続人が納得できないような遺産分割をしなければならないのでしょうか?
 
A.22

問題にはなるケースですが,被相続人の遺言により,遺産の分割が一定期間禁止されている等の事情がなければ,共同相続人全員の同意があれば,一定の範囲(すなわち,被相続人の意思を全く無視するようなものではない程度)で,遺言とは異なる分割協議は可能であるという考えが,現在の主流の考えとされています。

ご質問では,遺言と皆様の合意されている内容がどのようなものであるかが分りませんので,一概にできるともできないとも答えづらいものではありますが,遺言を全く無視する(例えば遺産を相続させるとされている方には一切渡さないとか,逆に,遺産を相続させないとされている方に遺産全部を相続させる等…)ような遺産分割協議でなければ,可能であると思います。

これも,まず専門家にご相談されることをお勧めします。
Q.22のページへ戻ります   A.21のページへ戻ります   A.23のページに移動します
 
Copyright © 2013 大串真コ行政書士事務所 All rights reserved.
by 予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所