安心できるシニアライフのために!相続・遺言,後見のことなら,お気軽にご相談下さい!
大阪の予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所です

トップページ 取扱業務内容 基本料金一覧表 事務所ご案内 お問い合わせ
 

  [相続]の基礎知識

解説 解説編
 

Q.19(遺産分割について)

死亡した人が遺言書を残していなかった場合,どのように遺産を分割することになるのですか?
 
A.19

民法上は,相続が発生すると,相続人が複数いる場合には,分割可能な現金や預貯金は別として,分割できない相続財産は全相続人の共有ということになります。

共有というのは,各相続人は自分の持分に応じてその物の全部を使用することができる状態をいいます(例えば,数人で資金を持ち寄って共同で購入した物を,資金を出した各々の方が,1ヶ月の内に各々の出した資金額の割合の応じた日数だけ,交代で使用するというようなケースをイメージしてもらえば分りやすいのではないかと思います。)。
そのような状態のままで良ければ,共有状態のままにしておくことは可能ですが,その後の処分の際に手間がかかることになりますし,特に自宅の不動産などをそのような状態にしておくことは,後々に紛争の種を残すことにもなりかねません。

そこで,通常は,相続人全員で遺産分割協議をして,各々の相続分を決めて,各相続人毎に相続する財産の内容を決めることになります。
遺産分割協議は,相続人全員でしなければ,後日,協議に参加しなかった相続人が現れた場合に,その協議が無効とされてしまいますので,戸籍謄本を取寄せる等して,相続人全員を確定し,その上で全員で話合いをすることになります。

又,遺産分割協議後に新たに相続財産があることが判ったような場合には,その新たな相続財産があることが既に完了した遺産分割協議に影響を与え,相続人間で合意ができないような場合には,完了した遺産分割協議自体が無効となる可能性も否定できませんので,相続財産も全て明らかにした上で遺産分割協議をしなければならないことにも注意が必要です。
協議の内容自体には基本的には制限はありませんので,A.7でも述べましたように,相続人の一人が100%,残りの相続人は0というような協議でも問題はありません。

但し,このような遺産分割協議の内容は,被相続人の債権者に対しては,効力を有しませんので,相続財産の中に債務が存在し,かつ,上記のような誰か一人に全部相続させるような協議が成立したとして,相続しなかった相続人であっても,相続財産中の債務については,債権者から法定相続分に応じた請求がなされた場合には,原則として拒むことはできません。

もちろん,そのような場合に,後で相続人間で清算されることは問題ありませんが,債務の清算については相続人間で調整しなければならない可能性があることには注意が必要です。
更に,被相続人が遺言を残していた場合には,遺言に反するような遺産分割協議は無効とされたり,相続人間で争いになる可能性がありますので,遺言がされていないか調べた上で遺産分割協議をすべきであるということにも注意が必要です。
Q.19のページへ戻ります   A.18のページへ戻ります   A.20のページに移動します
 
Copyright © 2013 大串真コ行政書士事務所 All rights reserved.
by 予防法務の専門家 大串真コ行政書士事務所